瑳川哲朗亡くなる

2021年2月17日、俳優の瑳川哲朗筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため亡くなられた。84歳。

瑳川哲朗といえば(大江戸捜査網の)井坂十蔵である。今回の報道で、「ウルトラマンエース」で隊長役をやっていたことを知った。

リンク

マウスを買った

マウスを買いに行く。品揃えは豊富だったが、有線のものが相変わらず数多くある一方、無線のものはすべてBluetoothだったのには参った。思うところあり、Bluetoothは使いたくないのだ(あとで調べたらそもそも自分のノートにはBluetoothが搭載されていなかった)。

がっかりしたのだが、幸いなことにワゴンセールをやっていて、その中にUSB接続タイプの無線マウスがあった(logicool Wireless Mouse M235rRD)。小さいかなと思ったが選択肢がなかったので仕方がない。それに安かったのは魅力だった。

試してみると、小ぶりだが使いにくくはない。単3電池一本という点も気に入った(単4よりも単3の方が好き)。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M235r レッド

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M235r レッド

  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: Personal Computers

過去記事

5年ほど前にマウスを買った記事を書いた。その後も2回ほど買っているはずだが、メーカーや型番がわからない。ここに書いておくことの重要性を再認識した次第。

寝袋を買った

災害対策といっても地震もあれば火事も豪雪もあり、何に備えるかによって変わってくる。これまでは家にいることを前提に、水道・電気・ガスが止まっても三日くらいは生きていられるよう、水や食料品の備蓄をしていた。しかし、家を出なければいけない場合もある。近くの避難所(近所の小学校)を見に行ってきたが、もしここで数日を過ごすことになるとすると、寝袋がいるなと思い、購入することにした。

寝袋を買うのは初めてで、店頭で実物を見て種類の多さに驚く。対応している寒さが(メーカーによって異なるけど)結構細かく設定されているのだ。

ここでハタと迷う。最悪の事態を想定するなら、冬の夜に屋外で寝ても大丈夫なものがいい。けれども、当然のことながらそういう製品は大きくて重い(その上高い)。いざというときに水やら食料品やら貴重品やらを持ち出さなければならない上に、こんな大きくて重いものを担いでいられるか? と考えると、せめて片手でひょいと持てる程度でないと現実には無理ではないかと思う。

それに、災害用備品をケチってはいけないのかも知れないが、せっかく購入しても使う機会があるかどうか、できれば一生使わずに済ませたいと思うものに大金を払いたくないという心理も働く。

というわけで、Snugpakの「ノーチラススクエア センタージップ」というものにした。税抜き6,500円。安い。帰宅後、試しにちょっと寝てみたが寝心地は悪くない。また、畳み直すのも難しくはなかった。


(2021/1/26 記)

なかにし礼亡くなる

2020年12月23日、作詞家のなかにし礼心筋梗塞のため亡くなられた。82歳。

小説家でもあり、直木賞も受賞したが、自分にとっては「作詞家」。と思っていたのだが、公式サイトで作品を確認してみると、なかにし礼作品で自分が知っているヒット曲というと、キャンディーズの「哀愁のシンフォニー」、黒沢年男「時には娼婦のように」、細川たかし「心のこり」「北酒場」、布施明「愛の詩を今あなたに」くらい。

1970年代にも1980年代にもたくさん仕事をしているけれど、自分とは時代が少しずれているのかな。自分が物心つくまえくらいの時代にいい仕事をたくさんしていたように思われる。

(2021/1/25 記)

Fire TV Stick 4Kを買った

Amazon Primeビデオがテレビで見られるという道具を購入。まあビデオなんて実際には見ないんだけどな。

いや、見たいドラマはたくさんあるんだが……「アンナチュラル」とか「TRICK」とか「アンフェア」とか……けど、そんな時間はないな……。

考えてみたら、自分はなんでAmazon Primeやってんだろ。購入はもっぱらkindleばかりだから、翌日配達のメリットもないし。

(2021/2/2 記)

小柴昌俊亡くなる

2020年11月12日、物理学者の小柴昌俊先生が亡くなられた。94歳。2002年にノーベル物理学賞を受賞。

ノーベル賞受賞の時、あちこちのメディアに登場されて、まだお若いと思っていたけれどあの時も既に76歳だったのか。ノーベル賞って本当に若い時にもらえないなあ。

その時に、自分の研究を受け継ぐ者の中からノーベル賞受賞者があと何人か出る、とおっしゃっていたが、2015年に梶田隆章が受賞して小柴先生の言の正しさを証明した。小柴先生は、本当は戸塚洋二先生のことを想定しての発言だったのかも知れないが……